癒しの名湯「浅間温泉」

露天風呂
古くより沸き出づる名湯、浅間温泉

平成21年4月オープン!檜の露天風呂は中庭の緑を眺めながら、自然光を浴びて温泉を楽しめる開放的
な空間です。癒し効果のある檜の香りをたっぷり感じて温泉に浸かると身も心もほぐれていきます。
入浴後は、体の内側からぽかぽか、お肌はしっとりと潤います。美人の湯とも言われる浅間温泉を存分に
お楽しみください。

華・錦それぞれの露天風呂と内風呂が楽しめる

4種類のお風呂を入れ替え制でお楽しみいただけます。
男女PM24:00にお風呂は入れ替えとなります。

華の湯
檜が香る露天風呂と内風呂が特徴の響の湯。
露天風呂は中庭の緑を眺めながら、開放的な空間での癒しをお楽しみいただけます。
華の湯 露天風呂
脱衣所
響の湯 内風呂
錦の湯 露天風呂
錦の湯
石造りの広々とした露天風呂と内風呂が特徴の錦の湯。
内風呂は広々とした空間になっており、露天風呂は2014年2月に新しくオープンいたしました。
錦の湯 内風呂
脱衣所
ベビーベット
ベビーベット脱衣所には、赤ちゃんのお召し替えが容易なように、ベビーべットを用意しております。
アメニティ
アメニティアメニティとして、ハンドタオル・ボディソープ・ドライヤー・歯ブラシ、歯磨き粉・石けん・くし・バスタオル・シャンプー・リンス・綿棒を準備しております。
歴史に残る天下の名湯「浅間温泉」

浅間温泉の歴史は大変古く、そのおこりは遠く古代にまでさかのぼっています。温泉の
まわりには四季それぞれ天然の資源に恵まれ、また、あたたかな温泉があるところから
この地方には早くから先住民族が群れをなして生活をしていたことが浅間温泉周辺から
発掘されている数々の古墳群によっても実証されています。

アサマの語源もある言語学者の説によれば、南方民族の煙という意味のアスムという言葉がアツサ、アソ、アサマとなって成立したと言われ、もうもうと立ちのぼる湯けむりの情景が思い起こされて、まことに興味深いものがあります。
古代浅間温泉においては自然湧出の出湯が川をなして流れ、地獄谷周辺において、温泉の成分による凝固物が多くみられるのは、この間の消息を物語っているといえましょう。

浅間温泉が歴史の上にあらわれたのは今から、1280余年ほど前の白鳳年間のことで、日本書紀によれば天武天皇が白鳳13年(684年)に「・・・・信濃国に遣わして地の形を見しむ。特に是の地に都せんとするか。」また翌年14年「・・・・信濃に遣わして行官を造らしむ。蓋し束間の温湯に幸せんと擬すか」と記されており、この束間の温湯は、信濃の国の国府があったことなどからして、浅間温泉一帯を指していたことは、考古学者によってあきらかにされています。万葉集などに詠まれている浅葉の里、麻葉の湯は筑摩の湯とともに浅間温泉の古称でもあったわけです。

露天風呂
日帰り入浴について
ご入浴可能時間
15~20時(19:30 受付終了)
ご入浴料金
大人 700円
子供(幼稚園~小学6年生)300円
幼児 幼稚園未満  無料
ミニタオル 100円 バスタオル 300円

※ご宿泊のお客様が優先のため、必ずお電話にてご確認ください。
設備メンテナンスなどによってお断りする場合がございますので、営業日についてはお問い合わせください。

地本屋のおすすめプラン
  • 火焔太鼓
  • 地本屋発周遊ツアー
  • にしき便り
  • 宿泊予約
  • 宿泊日から予約する
  • 個人向けプランを見る
  • 団体向けプランを見る